2011年02月16日

アジアのインディー/ポストロック/シューゲイザー/エレクトロニカ (東南アジア編)

アジアの音楽シーンは近年急速な発展を遂げ、世界に通用するアーティストやバンドが次々と生まれてきています。ポストロック・エレクトロニカ・音響系bot (@postrock_bot) では、アジアのインディー/ポストロック/シューゲイザー/エレクトロニカについてもこれまで積極的に取り上げてきました。しかし、ほとんどの人にとって、全くなじみのないアジアの音楽はどうしても目に留まりにくいようで、動画のクリックや反響の数は総じて少なめでした。そこで、もっと多くの人にアジアのインディー系音楽を知ってもらうために、これまでにbotで取り上げたものを中心にまとめて全2回の特集記事にしてみました。前編の今回は東南アジア(タイマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン)のアーティスト/バンドをご紹介します。


タイ


Desktop Error
http://www.myspace.com/desktoperror
Genre: Indie / Shoegaze / Post-Rock

YouTube - ทุกทุกวัน / Desktop Error


Album: Ticket To Home White Noise Records (Hong Kong)

透明感のあるサウンドとアジア的郷愁を誘うタイ語のヴォーカルが素晴らしい、個人的に一押しのバンドです。他の曲も聴いてみると、シューゲイザーからフリーフォークまで、幅広い音楽性を持っていることが分かります。Yamon Yamonのような感じで日本人にも受けると思うのですが、残念ながら現在日本で彼らのオリジナル・アルバムを取り扱っているところはなさそうです。


Goose
http://www.myspace.com/verygoose
Genre: Indie / Post-Rock / Alternative / Psychedelic

YouTube - เวลาที่มี Goose


GOOSEは2004年に「GOOSE」(DRY FLOWER)でデビューした男の子5人組のバンド。1stアルバムはバンコクのインディーズ専門ラジオ局のチャートの上位に食い込み、現地の音楽ファンの話題となった。轟音ギター炸裂のライブには音楽関係者や熱心な若いファンが集まり、バンコクで今一番話題になれる若手バンドといったらGOOSEというのは間違いなし。「タイ初のシューゲイザーバンド」…(後略)
引用元:SOI MUSIC BLOG
浮遊感のある音楽とサイケデリックなアニメーションが何とも言えない不思議な世界を描き出していて、downyのMVに出会った時以来の不気味な陶酔感を覚えました。上の記事に書かれているように、タイのインディー・シーンに大きな影響を与えている重要バンドのようですが、日本語や英語で検索しても、最近の活動についてのオフィシャルな情報はあまり見つかりませんでした。(追記:現在は休止状態らしいです。)


talkless
http://www.myspace.com/talklesslesstalk
Genre: Electronica / Experimental / Pop

YouTube - Talkless - ทัศนาจร


チェンマイ出身のFon (Wtanya Chanvitan) と、上で紹介したGooseのリーダー的存在であるギタリスト、Nym (Bancha Thearakit) によるエレクトロニカ・デュオ。Desktop ErrorやGooseと同じく、タイ在住の日本人、清水宏一氏が主催するレーベル「SO::ON Dry FLOWER」に所属しているようです。múmを思わせるウィスパー・ヴォイスと、しっかりと作りこまれた温かみのあるサウンドが素敵です。(参考:SOI MUSIC的バンコクディスクガイドafter94 | SOI MUSIC BLOG


Forgot Your Case
http://www.myspace.com/forgotyourcase
Genre: Post-Rock / Instrumental

YouTube - FORGOT YOUR CASE :: 19th again [ Album version ]

19th Again19th Again
Forgot Your Case
Amazon.co.jp iTunes
ギター3人+ベース+ドラムからなる5人組。Explosions in the Skyなどの影響を感じさせる、重厚で壮大なインストゥルメンタル・ポストロックです。


タイ・インディーのオムニバス・アルバム

Every Little Smile
Every Little Smile
Various Artists
Bandcamp
解説:CyclamenおよびWithyouathomeとしてロンドンとバンコクを拠点に活動するHayato Imanishi氏が、2011年タイ洪水被害者救済のため、タイやUKのバンドを中心に声をかけ、自身のレーベルからリリースしたコンピレーション・アルバム。Inspirative, Desktop Error, Forgot Your Caseなどタイを代表するポストロック勢が集結。収益は全額タイ赤十字に寄付される予定。(参考:Beard Rock | Reviews: Various Arists / Every Little Smile - Thai Flood Relief Compilation

smallroom compilation
smallroom compilation
V.A.
Amazon.co.jp 楽天市場
内容紹介(Amazon.co.jpから転載):日本でなじみの薄いことが逆に新鮮なショックをもたらすタイのポップス界のオムニバス盤。オルタナティヴ・ロック、エレクトロニカ、サイケデリックなどなど、音楽性も顔触れも多種多様で、実に楽しい。21世紀はアジアの時代という胎動が聴こえるようだ。

flipper’s players~タイへ行くつもりじゃなかった~
flipper’s players~タイへ行くつもりじゃなかった~
smallroom allstars
Amazon.co.jp 楽天市場 iTunes
内容紹介(Amazon.co.jpから転載):フリッパーズ・ギターのファースト・アルバム『three cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった~』を殆ど(!!!)そのままの曲順でトリビュート!しかもタイのバンド達によるもので! しかも19年後の同日発売! しかもタイの人気漫画家ウィスット・ポンミット(通称:タム君)がジャケットまでイラストでトリビュート! 視覚的効果抜群!UVシルクや特殊印刷を駆使した見栄えばっちりジャケット! カジヒデキによる、フリッパーズ・ギター, タイ・インディーシーンへの思い入れタップリのライナー!

A Plan Named Overlap
A Plan Named Overlap
オムニバス
Amazon.co.jp 楽天市場
内容紹介(STMonlineから転載):微笑みの国タイランドと日本との音楽交流の架け橋となる記念すべきオムニバスアルバム「a plan named overlap」!それぞれの国で活躍しているインディーバンドがここに集結、国境を越え、ジャンルを越え、言語を越え、レーベルを越え、ボクらの計画は重なっていく。

参加バンド: chub du, weather, Abuse The Youth, My Proof, Ghost Story, cuthbarts, STYLISH NONSENSE, Revenge of the cybermen, Desktop Error, COSMOZ


マレーシア


flica
http://www.myspace.com/flicasound
Genre: Electronica / Ambient / Healing & EasyListening

YouTube - Flica - Walk

nocturnalnocturnal
flica
Amazon.co.jp HMV楽天市場ストア iTunes
1982年生まれ。マレーシアのクアラルンプール在住のeuseng setoによるエレクトロ/アコースティックソロプロジェクト。2005年より、huat liangとのエレクトロユニットmuxuで本格的な音楽活動を開始。flicaは自身の音楽スタイルの追求のためにより深く、より実験的な試みとして2007年にソロプロジェクトとして活動開始。flicaのサウンドは日々の生活と自然によって裏打ちされた感情と感覚を完璧に反映し、繊細優美な旋律を展開する。
引用元:Amazon.co.jp
YouTubeで試聴して好印象だったので、アルバム『nocturnal』をMP3でダウンロードしてみました。夜から早朝のゆったりと過ごす時間帯に調和する美しい作品で、かなり気に入っています。


Ferns
http://www.myspace.com/fernfrens
Genre: Indie / Pop

YouTube - This Sweet Refrain-- Ferns


クアラルンプール出身の5人組。とろけるように甘く優しい歌と演奏に心癒されます。2006年にはRolling Stone's Top 25 Best Bands on Myspaceにも選出されています。


シンガポール


I Am David Sparkle
http://www.myspace.com/iamdavidsparkle
Genre: Post-Rock / Experimental / Metal / Instrumental

YouTube - I Am David Sparkle - Jaded Afghan

This Is The NewThis Is The New
I Am David Sparkle
Amazon.co.jp HMV楽天市場ストア iTunes
シンガポール在住の4人組ポストロック・バンド。東南アジアのMogwai, 65daysofstaticとも評される、日本でも人気の高いバンドです。


aspidistrafly
http://www.myspace.com/aspidistrafly
Genre: Ambient / Folk

YouTube - aspidistrafly - in sundown light

I Hold A WIsh For YouI Hold a Wish for You
aspidistrafly
Amazon.co.jp iTunes
April Lee(1984年生まれ)とRicks Ang(1980年生まれ)によるシンガポーリアン・デュオ。日常のはかなさと移り行く時間に魅せられるaspidistraflyの表現は、映像・デザイン・音・音楽が交差し一体となる場から生まれる。
引用元:CMFLG BLOG
haruka nakamura氏とのコラボなど、日本でも精力的に活動されているようです。


Pixel Apartment
http://www.myspace.com/pixelapartment
Genre: Indie / Rock / Electronica

YouTube - Pixel Apartment - Dancing On


シンガー・ソングライター/マルチプレイヤー Jordan Chia のソロ・プロジェクト。いかにもアジア人のオタクといった風貌とは裏腹に、爽やかなギターロックを奏でる才人です。(参考:Up Close with Pixel Apartment - inSing.com


The Observatory
http://www.myspace.com/theobservatoryband
Genre: Alternative / Folk Rock / Progressive

YouTube - Mind Roots MV

Dark FolkeDark Folke
The Observatory
Amazon.co.jp iTunes
ローカルで名の知れたバンドの実力者たちが結成した、インディー・スペース・ロック/エレクトロニカ・バンド。最新作『Dark Folke』はノルウェーのスタジオで録音・ミックスされており、そのダークで幻想的な作風は熱帯・シンガポールのシーンでひときわ異彩を放っています。(参考:The Observatory (band) - Wikipedia, the free encyclopedia)


インドネシア


Santamonica
http://www.myspace.com/santamonica
Genre: Indie / Electronica / Dream Pop

YouTube - Santamonica "Wanderlust"

キュリオサー・アンド・キュリオサーCuriouser and Curiouser
Santamonica
Amazon.co.jp HMV楽天市場ストア
ワールド・ミュージックでも渋谷系でもない、ワールド・スタンダード(世界標準)ミュージック - インドネシア共和国の首都ジャカルタを本拠地に活動するジョセフ・サリューフ (Guitar, vocals, synthesizers, sampling and drums)とアニンディータ(Vocal, synthesizer, lyrics)による2人組。2年の歳月を費やして完成された初のフル・アルバム。彼らが「"不思議の国のアリス"の音楽版」と表現しているとおり、メランコリックなコーラスアレンジを備えた曲が並び、リスナーがサンタモニカの音楽と共に旅をするような体験をさせてくれるような一枚となっている。
引用元:Amazon.co.jp
実験的でありながらポップでお洒落な音楽性が日本でも話題となり、ファースト・アルバムの日本盤も出ています。StereolabやJaga Jazzistにも通じるボーダレスで色彩感豊かなサウンドに、アジアのミュージック・シーンにおける新時代の幕開けを感じます。


Homogenic
http://www.myspace.com/homogenic
Genre: Drum & Bass / Electronica / Pop

YouTube - Homogenic: Utopia


Album: Echoes of Universe iTunes

ヴォーカル1人とシンセ/プログラミングを担当する2人からなる3人組。グループ名は彼らが強く影響を受けたというビョークの名盤から取られていますが、そのスタイルは決して模倣ではなく、瑞々しい感性で彼ら独自の心地よい音楽を創り上げています。


Perfect Angel
http://www.myspace.com/perfectangel154
Genre: Ambient / Indie / Shoegaze

YouTube - Perfect angel- cataclysmic. (audio)

Half DreamingHalf Dreaming [Compilation]
Various Artists
Amazon.co.jp 楽天市場 iTunes
パーフェクト・エンジェルは、インドネシアのバンドンを拠点とする男性4人組バンド。本国の良質レーベル、マリタイムに所属。シークレット・シャインやペイル・セインツを中心とした、イギリスのシューゲイザーやギター・ポップを基盤としている。
引用元:Quince Records
メローなシューゲイザー・サウンドに引き込まれます。


フィリピン


Up Dharma Down
http://www.myspace.com/updharmadown
Genre: Post-Rock / Experimental / Trip-Hop

YouTube - Up Dharma Down - TAYA

BipolarBipolar
Up Dharma Down
Amazon.co.jp iTunes
いくつもの音楽賞を獲得し、The Blue NileのPaul Buchananがお気に入りとしてその名を挙げるなど、世界的に高く評価されているフィリピン屈指の実力派バンド。ブラックミュージックの素養を感じさせる卓越したヴォーカルと、音楽通を唸らせる洗練されたバンドサウンドは、凡百のポストロック・バンドと一線を画する唯一無二の存在感を示しています。(参考:ASIAN HEARTS Radio Eigekai Up dharma down


Moscow Olympics
http://www.myspace.com/moskva80
Genre: Indie / shoegaze / Dream Pop

YouTube - Moscow Olympics - No Winter, No Autumn

Cut The World / カット・ザ・ワールドCut The World
Moscow Olympics
Amazon.co.jp 楽天市場
Moscow Olympics (モスクワ・オリンピックス)2006年、フィリピンはマニラにて、Sarah Records、Factory、Creationといったレーベルの作品群や、シューゲイズ、インディー・ポップ、スウェディッシュ・ポップを愛する、 5人の古くからの友人により結成された。バンド名は、ネオアコの代表的アーティスト・Orange JuiceのB面曲のタイトルから引用された。同様にオリンピックの開催されたロシアの熱狂や、1980年代の空気を表現する、格好のバンド名となっている。現在、バンドは、AJ(ヴォーカル、ギター)、Melanie(ベース)、Jojo(キーボード)、Richard(ドラムス、ギター)の4人組。 2007年には、スウェーデンのFraction Discsより7インチ・シングル"Still/Talk Like This"(本作にボーナス・トラックとして収録)をリリースし、2008年には、スウェーデンのCelestialが運営するLavender Recordingsよりミニ・アルバム"Cut The World"をリリース。2009年11月には、インディー・ポップ系フリー・ダウンロード・レーベルとして徐々に知名度を上げているBEKOへの参加でも話題を呼んだ。バンドは、2011年初頭の新作に向けてレコーディング中。
引用元:Amazon.co.jp
アジア人とは思えない爽快なスウェディシュ・ポップ的センスを持つ逸材です。インディー・ポップ・シーンに国境がなくなりつつあることを実感させられます。


Sleepwalk Circus
http://www.myspace.com/sleepwalkcircus
Genre: Post-Rock / Ambient / Shoegaze / Alternative

YouTube - Sleepwalk Circus - Snow Snow

Great Secret ShowGreat Secret Show
Sleepwalk Circus
Amazon.co.jp iTunes
深い残響のひんやりとしたサウンドと繊細な歌声は耽美系北欧バンドを髣髴させますが、一方で伝統的ロックの激しさを見せる部分もあり、なかなか面白いバンドだと思います。


以上、タイマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンの5カ国から16組を取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか?

次回は東アジア編(韓国・台湾・中国・香港)をお送りします。





※商品に付いているコメントはリストを作成したAmazonユーザーのものであり、管理人のものではありません。
この記事へのコメント
まさか東南アジアのロックがこんなに面白いとは思いませんでした。
特にグース?のPVがめちゃめちゃ良かったです!!!!!!!!
いくつか気になったのがあったので買うなりダウンロードするなりしようと思います。
ありがとうございました。
Posted by ポ at 2011年02月16日 22:26
ご感想ありがとうございます。気に入っていただけてよかったです。ただ、今回取り上げたのは私が狭い観測範囲でたまたま出会った音楽のうち、さらにごく一部でしかありません。もし今回の特集でアジアの音楽に興味を持たれましたら、ぜひご自身でもお調べになり、新たな発見を楽しんでみて下さい。そしていい音楽が見つかりましたら教えて頂けるとありがたいです。
Posted by 管理人 at 2011年02月19日 08:45
知人のツイートみてきました。desktoperrorライブもいいですよー。gooseは休止状態です。噂ではボーカル消えたらしいですw
talklessのfonちゃんは今東京に留学してるので、ライブやってほしいですね〜。最近2ndアルバムでたばかりです。とキーパーソンはやっぱり清水さんですね〜。みんな清水さんワークです。

さて、最後に、ここにあがったバンドではないですが、Stylish Nonsense他のライブを3/26スーパーデラックスで予定しています。ぜひあそびいらっしゃってください〜。と宣伝ですが。
Posted by soiきむら at 2011年02月21日 18:32
最近気になってるSingaporeのバンドです。
http://www.youtube.com/watch?v=8NHKx8Vi_pg

あとタイでもちょっと人気のあるMalaysiaのバンドFurniture。
http://furniture.bandcamp.com/track/false-start

Desktop Errorなど紹介して頂きありがとうございます。
Posted by Shimizu at 2011年02月22日 05:08
soiきむらさん
最新の情報ありがとうございます。SOI MUSIC BLOGはタイの音楽シーンに関するほぼ唯一の日本語情報源として大いに参考にさせていただきました。タイのアーティストは結構日本に来てたりするんですね。機会があれば生で観てみたいです。

Shimizuさん
おすすめのバンド情報ありがとうございます。どちらも聴いただけではアジアのバンドとは気づかないようなセンスですね。かっこいいです。
Desktop Errorはtwitterでも大反響でした。AmazonやiTunes、もしくはbandcampなどで音源が販売されれば日本でも売れて人気も出ると思うのですが、そのような予定はありませんか?
Posted by 管理人 at 2011年02月22日 06:31
管理人様

はじめまして。「A Plan Named Overlap」をリリースしているレーベルを運営しているGinnと申します。

アルバムをご紹介いただいておりまして、誠にありがとうございます。
日本・タイ、双方から新進気鋭のインディーズバンドに集まってもらっています。
様々なジャンルから参加してもらっており、シューゲーザー、アシッドジャズ、デスメタル、ポストロック、エレクトロニカポップなど、本当に多種多様なバンドが集まってくれました。

現在、バンコクで定期的に音楽イベントも開催しています。

U are heré
http://www.facebook.com/uarehere

もし、タイにお越しになった際、タイミング良く日程があうようでしたら、是非、足を運んでいただけましたら幸いです。
Posted by Ginn at 2012年04月24日 19:44
Ginnさん

コメントとイベント情報ありがとうございます。タイのインディー音楽シーンには興味があるので、タイに行くことがあればぜひ聴きに行きたいと思います。
Posted by 管理人 at 2012年04月27日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。